auビデオパスの料金や支払い方法などの基礎情報まとめ、メリットやデメリットについて

管理人

月額562円(税別)で対象の動画が見放題!さらに映画館の料金が割引になるサービスもあります!
このページではauビデオパスの基礎情報についてや、メリットやデメリットについてをご紹介します!

auビデオパスの料金や支払い方法など基礎情報について

管理人
この記事でご紹介する内容は全て2019年7月2日の時点の情報です。ご覧になられている日付によっては情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。




auユーザー以外の方も契約可能に

助手くん
ビデオパスはauユーザー限定と聞きました・・・。
管理人
はい、確かに以前はauユーザー限定のサービスでしたが、現在は誰でも契約可能となり、他社で契約のスマホやタブレットでも視聴可能となりました!
助手くん
じゃあSIMフリーの僕のスマホでも契約できますね!
管理人
もちろん!ですが注意点もあり、auユーザー以外の方がビデオパスを契約する場合は「au ID」の新規発行が必要となり、支払い方法もクレジットカードのみとなます。
助手くん
auユーザーとは多少の違いがあるって事ですね。

月額料金と支払い方法について

管理人
月額562円(税別)で対象の動画が見放題となり、対象外の動画は個別課金のレンタルとなります。
助手くん
レンタル料はどれくらいですか?
管理人
作品によってレンタル料は変わります。2日間のレンタルで200円(税別)の作品もあれば、500円(税別)の作品もあります。
管理人
支払い方法はauユーザーか否かで変わりますので、簡単に表でまとめました。
auユーザー auユーザー以外
・auかんたん決済
・クレジットカード
・クレジットカード

無料期間について

助手くん
ビデオパスの無料期間とはなんですか?
管理人
初回の契約に限り、30日間を無料で利用できます。
助手くん
それは嬉しいサービスですね!
管理人
ただし30日間を過ぎると自動的に料金が発生しますので、無料で解約をする場合は期間中に忘れずに解約しましょう。

対応デバイスについて

管理人
ビデオパスを視聴できるデバイスを下記にまとめました。
OS 推奨デバイス
パソコン ・Windows 7以上。
・Mac OS 10.5.7以上。
・Internet Explorer11.0以降
・Firefox3.6以降
・Safari4以降
・Chrome12以降
デバイス 対応
スマートフォン ・Android
・iPhone
タブレット ・Android
・iPhone
テレビ ・Chromecast
・Panasonic TV(VIERA)
・SONY TV(BRAVIA)
・SHARP TV(AQUOS)
・Amazon Fire TV
・Fire TV Stick
・Smart TV Box/Smart TV Stick
・STW2000(auひかり)
・ケーブルプラスSTB
・ケーブルプラスSTB-2
・Apple TV

ダウンロードについて

管理人
ダウンロード対象の作品はダウンロードが可能ですので、通信量を抑える事ができます。
助手くん
ダウンロードは何作品でも可能ですか?
管理人
5作品までダウンロードが可能です。またダウンロード可能なデバイスが限られていますので、下記にまとめます。
ダウウンロード可能デバイス
・Androidスマートフォン
・iPhone
・iPad
・iPad mini

画質について

管理人
通信環境により自動的に画質が最適化されます。またiPhone/iPad/iPadmini以外のデバイスであれば再生中に画質の設定変更も可能です。

同時再生について

助手くん
複数のデバイスに対応しているので、パソコンとスマホで同時再生とかも可能ですか?
管理人
いえ、ビデオパスは同時再生不可となっています。同時再生をするのであれば別の動画配信サービスにしましょう。

映画館の料金割引について

助手くん
ビデオパスを契約すると映画館で割引になると聞きました!
管理人
はい、「TOHO CINEMAS」であれば毎週月曜日が1,100円、「UNITED CINEMAS CINEPLEX」であれば毎日1,400円に割引されます!
助手くん
映画館によく行く方には嬉しいサービスですね!

auビデオパスのメリットとデメリットのまとめ

助手くん
他の動画配信サービスと比較して、ビデオパスのメリットとデメリットが知りたいです!
管理人
わかりました。下記に簡単にまとめましたのでご覧ください。
ビデオパスのメリット
・映画館で料金が割引になる!
・ダウンロード対応の作品があり、通信量を節約できる!
・30日の無料期間がある!
ビデオパスのデメリット
・同時再生ができない。
・他の動画配信サービスと比較すると、見放題作品もレンタル作品も少ない。
助手くん
作品数が少ない点が最大のデメリットですね・・・。
管理人
auかんたん決済で楽に支払いをしたいか、映画館に頻繁に行く方には契約するメリットがあります。ですがそれ以外の方には別の動画配信サービスがおすすめです。例えばdTVは料金が格安の月額500円(税別)で動画数が約12万本で、UNEXTは料金は1990円(税別)と高くなりますが作品のジャンルが豊富で同時再生も可能で電子書籍も利用可能です。
助手くん
様々なタイプの動画配信サービスがありますので、それぞれ比較しながら自分に合うサービスを見つけて下さいね!
この記事でご紹介した内容は全て2019年7月2日の時点の情報です。
ご覧になられている日付によっては情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。

関連記事

dTVで視聴できる動画の全ジャンルと作品の一部を紹介のアイキャッチ画像
dTVで視聴できる動画の全ジャンルと人気作品一覧!
Hulu(フールー)の動画全ジャンルと人気作品一覧のアイキャッチ画像
Hulu(フールー)の動画全ジャンルと人気作品一覧!
U-NEXT(ユーネクスト)の全ジャンルと人気作品一覧!のアイキャッチ画像
U-NEXT(ユーネクスト)の動画全ジャンルと人気作品一覧!
U-NEXTの雑誌読み放題の全ラインナップ紹介のアイキャッチ画像
U-NEXTの雑誌読み放題の全ラインナップを紹介!バックナンバーやダウンロードについても解説!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です