【19-20プレミアリーグ第16節】ボーンマスvsリヴァプールの試合内容と感想、ハイライト映像

19-20プレミアリーグボーンマスvsリヴァプールのアイキャッチ画像

管理人

2019年12月7日に開催された、プレミアリーグ19-20シーズン第16節「ボーンマスvsリヴァプール」の試合内容と個人的感想です!

19-20シーズン プレミアリーグ 第16節 ボーンマスvsリヴァプール

↓19-20シーズンのプレミアリーグはDAZN独占放送!↓

スターティングラインナップ

管理人
ホームのボーンマスのスタメンです。
19-20ボーンマスvsリヴァプールのボーンマスのスタメン
管理人
アウェーのリヴァプールのスタメンです。
19-20プレミアリーグボーンマスvsリヴァプールのリヴァプールのスタメン

サブスティテューション

管理人
両クラブの控えメンバーは下記の通りです。
19-20ボーンマスvsリヴァプールの両クラブのベンチメンバー
管理人
ボーンマスとリヴァプールの全選手リストや移籍情報は下記をご覧ください。
19-20ボーンマスのクラブデータのアイキャッチ画像
【ボーンマス】19-20シーズンクラブデータ/選手リスト/移籍情報
リヴァプールの19-20シーズンのクラブ情報のアイキャッチ画像
【リヴァプール】19-20シーズンクラブデータ/選手リスト/移籍情報

試合内容と個人的感想



前半

負傷交代で試合が動く。
リヴァプールはマネとワイナルドゥムとアレクサンダー=アーノルドを休ませ、前節休ませたサラーとフィルミーノが先発に復帰。そしてケイタが今季初スタメンに。
ボーンマスは現在8人が怪我で離脱中と苦しいチーム状況です。
4-4-2のボーンマスがブロックを形成し守り固めカウンターでカラム・ウィルソンとソランケの個人技で得点を狙う作戦だが、守るのに精一杯でほぼボーンマス陣内で試合が進む。
それでもボーンマスはリヴァプールに決定機を作らせず耐えていたが、33分に守備の要であるアケーが負傷し、今季初出場のシンプソンと交代となる。
そして試合が再開するとヘンダーソンのロングフィードがGKとCBの間に見事に通り、走りこんだチェンバレンがダイレクトで流し込みリヴァプールが先制!
ボーンマスはこれまでの集中力がアケー交代により一瞬途切れてしまった。
39分、今度はリヴァプールにアクシデント。ロヴレンが負傷でアレクサンダー=アーノルドと交代となり、ジョー・ゴメスがCBに入る。
変わらずリヴァプールのペースで進み43分、ケイタからボールを受けたサラーがキープし相手を引き寄せ、エリア内でフリーとなったケイタにパスを戻しケイタは落ち着いて決めて2-0!
お互いCBが負傷する嫌な展開となり、前半はリヴァプールが2点をリードして終了する。




後半

またも怪我人が・・・。
後半も完全にリヴァプールのペース。1人1人の個人能力が劣るボーンマスはほとんど成す術がなく、なんとか失点を重ねないように守るのに必死の状態。
54分、シンプソンのパスミスをケイタがカットし、ケイタからスルーパス。このパスに反応したサラーが抜け出しリヴァプールが3点目を挙げる!
62分にボーンマスはエースのカラム・ウィルソンも負傷で交代となり、この時点で試合は決まりました。
リヴァプールはロバートソンを休ませて18歳のカーティス・ジョーンズをプレミアデビューさせるなどかなり余裕の展開となり、そのまま3-0で試合終了。
リヴァプールは非常に厳しい日程の中、パワーを抑えて勝利することができた。

ボーンマス 0-3 リヴァプール
34分 チェンバレン(リヴァプール)
43分 ケイタ(リヴァプール)
54分 サラー(リヴァプール)

試合の感想

管理人
ボーンマスがかなり心配。
リヴァプールにとってはキツい日程のなか選手の温存や試合に出た選手も体力をセーブして勝てたので最高の結果です。負傷したロヴレンもおそらくそこまで重症ではなさそうです。またケイタの活躍も嬉しいニュースでしょう。
反対にボーンマスはこの試合で怪我人が10人となり、最終ラインの要であるアケーとエースのカラム・ウィルソンのチームの核である2人の離脱は他の選手の負傷よりかなりのダメージです。しかもハムストリングの怪我なので長引く可能性があります。
4勝4分3敗のボーンマスレベルでは良いスタートでしたが、この試合の負けで5連敗となり4勝4分8敗。順位は15位まで下がりこのままでは降格危機です。
8年目となるエディー・ハウ監督の最大のピンチかもしれません。個人的にはなんとか乗り切ってほしいですが・・・。

個人的MOMとこの試合活躍した23歳以下の若手選手

【MOM】
ヘンダーソン(リヴァプール/イングランド/29歳)
→ほとんどがボーンマス陣内でのゲームだったが、好パスを連発し見事にゲームを作った。先制点のアシストも素晴らしいパスでした。
【若手選手】
ラムスデイル(ボーンマス/イングランド/21歳)
→3失点はほぼノーチャンス。それ以外のシュートはしっかりと防ぎ、終了間際のヘンダーソンのFKも見事なセーブでした。将来が楽しみなGKです。

ハイライト映像

この試合のハイライトはこちら

↓DAZNはプレミアリーグ、リーガエスパニョーラ、
CL、EL、Jリーグなどを放送中!↓

関連記事
DAZN(ダゾーン)の登録方法による月額料金の違いと支払い方法のまとめのアイキャッチ画像
DAZN(ダゾーン)の登録方法による月額料金の違いと支払い方法のまとめ
DAZN(ダゾーン)のダウンロードや録画などの基礎情報まとめ、メリットやデメリットについて
DAZN(ダゾーン)で視聴可能な全ジャンルと番組一覧のアイキャッチ画像
DAZN(ダゾーン)で視聴可能な全ジャンルと番組一覧
【J1・J2・J3全55クラブ】DAZN(ダゾーン)Jリーグ年間視聴パスの特典まとめのアイキャッチ画像
【J1・J2・J3全55クラブ】DAZN(ダゾーン)Jリーグ年間視聴パスの特典まとめ

↓EURO2021はWOWOW!↓

wowow

↓ブンデスリーガはスカパーで全試合放送中!↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です