【19-20プレミアリーグ第1節】リヴァプールvsノリッジの試合内容と感想

【19-20プレミアリーグ第1節】リヴァプールvsノリッジのアイキャッチ画像

管理人

2019年8月9日に開催された、プレミアリーグ19-20シーズン開幕戦「リヴァプールvsノリッジ」の試合内容と個人的感想です!

19-20シーズン プレミアリーグ 第1節 リヴァプールvsノリッジ

19-20シーズンのプレミアリーグはDAZN独占放送!

スターティングラインナップ

管理人
ホームのリヴァプールのスタメンです。
【19-20プレミアリーグ第1節】リヴァプールvsノリッジのリヴァプールのスタメン
管理人
アウェーのノリッジのスタメンです。
【19-20プレミアリーグ第1節】リヴァプールvsノリッジのノリッジのスタメン

サブスティテューション

管理人
両クラブの控えメンバーは下記の通りです。
【19-20プレミアリーグ第1節】リヴァプールvsノリッジのサブメンバー
管理人
リヴァプールとノリッジの選手リストや移籍情報は下記をご覧ください。
リヴァプールの19-20シーズンのクラブ情報のアイキャッチ画像
【リヴァプール】19-20シーズンクラブデータ/選手リスト/移籍情報
19-20シーズンのノリッジのクラブ情報のアイキャッチ画像
【ノリッジ】19-20シーズンクラブデータ/選手リスト/移籍情報

試合内容と個人的感想



前半

管理人
リヴァプールが圧倒!しかしアリソンが・・・
昨季は勝点97で2位と悔しい結果に終わり、今季は何としてでもプレミアリーグを獲りたいリヴァプール。開幕戦の相手はチャンピオンシップで優勝し4シーズン振りのプレミア復帰となったノリッジ。
試合開始からリヴァプールは高い位置からプレッシャーをかける。ノリッジはビルドアップに苦労するも、引いて守るのではなく果敢に攻撃を仕掛け4分にアリソンのパスミスから最後はシュティパーマンがシュートを放ちこの試合のファーストシュートを記録!
力の差はあるがノリッジもある程度は戦えるかと思った矢先の7分、ロバートソンの縦パスを左サイドで受けたオリギが仕掛けて低いクロス、これがハンリーに当たりオウンゴールでリヴァプールが先制!昨シーズン終盤に続き今季もオリギは運を持っている!
しかし失点後も気落ちする事なく戦うノリッジ。左サイドのカントウェルとルイスがチャンスを作り出し悪くないリズム。リヴァプールも慌てる事はなく落ち着いて試合をコントロールし、19分に右サイドの高い位置でアーノルドがDFに引っかかるもこぼれ球をサラーが拾い、仕掛けたところをまたDFに引っかかるがこぼれ球がエリア内のフィルミーノの元へ、そしてフィルミーノからサラーへ絶妙なスルーパスが通り落ち着いてコースに流し込み追加点
やや不運な形で2点を失うも、士気は下がらず攻めるノリッジ!しかし28分にはサラーが蹴ったCKをファンダイクが頭で決めて3-0!ノリッジは決して悪くはないのだが、絶望的な状況に追い込まれる。
ここまで最高の開幕戦となっているリヴァプール、しかし35分にゴールキックを蹴った際にアリソンが右足を痛め、加入したばかりのアドリアンと交代となる。昨季のプレミア2位とCL制覇はアリソンの貢献があったからこその結果であり、怪我の程度が気にかかります・・・。
不穏な空気が流れるも、直後の41分にアーノルドのクロスをオリギが頭で合わせ4点目!そして前半はこのまま4-0で終了!

後半

管理人
1点を返されるも終始リヴァプールが主導権を握る!
4点リードしていても手を緩めることなく前からプレッシャーをかけるリヴァプールがノリッジを圧倒し5点目を狙うも、クルルがビックセーブを連発しスコアは動かず。
57分にまったく攻めれないノリッジがシュティパーマンに代えライトナーを投入。少しリズムを取り戻したノリッジが63分にブエンディーアのスルーパスにプッキが抜け出し冷静に流し込んで1点を返す
しかしノリッジは体力面できつくなったのと、オリギに変わり投入されたマネのアフリカネーションズカップの影響でオフ期間が僅かだったとは思えないパフォーマンスもあり、試合はリヴァプールのペースで進み4-1で試合終了。クルルのファインセーブが無ければ追加点を奪えていたでしょう。
リヴァプール 4-1 ノリッジ
7分 オウンゴール(ハンリー/ノリッジ)
19分 サラー(リヴァプール)
28分 ファンダイク(リヴァプール)
41分 オリギ(リヴァプール)
63分 プッキ(ノリッジ)

試合の感想

管理人
単純に、リヴァプール強い!
昨シーズンと変わらず、いやそれ以上に今季のリヴァプールは強いと感じた試合でした。
コパアメリカやアフリカネーションズカップの影響でコンディションが心配されたフィルミーノ、サラー、マネの3人はまったく問題なさそうで、中盤もDFラインも安心して試合を見れました。今季は即戦力クラスの補強をしなかった点が不安視されていますが、オリギは昨季終盤で自信を付けたのか運動量が増え動き出しも良く成長を感じました。中盤は控えも人材が豊富で、CBはマティプ、RSBはジョー・ゴメスかファビーニョ、LSBはミルナーで使いまわしていけば、怪我人が出なければ大丈夫そうです。もし怪我人が出たりコンディションに不安が出た場合、冬の移籍期間で補う考えがあったために夏は補強しなかったのかもしれません。
しかし開幕戦で代えのきかないGKアリソンが負傷してしまいました。歩いて交代していましたのでおそらく重症ではないと思いますが・・・。
ノリッジは攻撃的な姿勢がとても良かったです。特に21歳のカントウェルとルイスの2人の若手が躍動していて、今後の活躍やステップアップにも期待できそうな選手です。得点を決めたプッキもリヴァプールの脅威となっていました。裏に抜け出す技術がとても高く、空いているスペースに何度も抜け出しチャンスを作っていました。プレミアで実績のあるクルルもさすがのプレーです。課題は4失点した守備面だと思いますが、守備に人数を掛けてスペースを埋めれば失点は減ると思いますが攻撃力も失われます。とりあえずはこのまま攻撃的な姿勢を貫いて戦ってほしいです。

個人的MOMとこの試合活躍した23歳以下の若手選手

【MOM】
フィルミーノ(リヴァプール/ブラジル/27歳)
→この試合は0得点1アシスト。しかし味方のパスを引き出す動き出しやポジショニング、チャンスメイクなど貢献度がとても高い選手。今季もリヴァプールの攻撃の核である事は間違いありません。
【若手選手】
アレクサンダー・アーノルド(リヴァプール/イングランド/20歳)
→昨シーズン二桁アシストを記録したアーノルドが開幕戦でさっそく1アシスト。今期はさらに飛躍するシーズンとなりそうな予感。
トッド・カントウェル(ノリッジ/イングランド/21歳)
→キープ力があり精度の高いパスでリヴァプールを相手にチャンスを演出。運動量も多く今後の成長が楽しみなイングランド人MF。

19-20シーズンのプレミアリーグはDAZN独占放送!

関連記事

DAZN(ダゾーン)の登録方法による月額料金の違いと支払い方法のまとめのアイキャッチ画像
DAZN(ダゾーン)の登録方法による月額料金の違いと支払い方法のまとめ
DAZN(ダゾーン)のダウンロードや録画などの基礎情報まとめ、メリットやデメリットについて
DAZN(ダゾーン)で視聴可能な全ジャンルと番組一覧のアイキャッチ画像
DAZN(ダゾーン)で視聴可能な全ジャンルと番組一覧
【J1・J2・J3全55クラブ】DAZN(ダゾーン)Jリーグ年間視聴パスの特典まとめのアイキャッチ画像
【J1・J2・J3全55クラブ】DAZN(ダゾーン)Jリーグ年間視聴パスの特典まとめ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です