【19-20プレミアリーグ第1節】ウェストハムvsマンチェスターシティの試合内容と感想

【19-20プレミアリーグ第1節】ウェストハムvsマンチェスターシティの試合内容と感想のアイキャッチ画像

管理人

2019年8月10日に開催された、プレミアリーグ19-20シーズン第1節「ウェストハムvsマンチェスターシティ」の試合内容と個人的感想です!

19-20シーズン プレミアリーグ 第1節 ウェストハムvsマンチェスターシティ

19-20シーズンのプレミアリーグはDAZN独占放送!

スターティングラインナップ

管理人
ホームのウェストハムのスタメンです。
【19-20プレミアリーグ第1節】ウェストハムvsマンチェスターシティのウェストハムのスターティングメンバー
管理人
アウェーのマンチェスターシティのスタメンです。
【19-20プレミアリーグ第1節】ウェストハムvsマンチェスターシティのマンチェスターシティのスターティングメンバー

サブスティテューション

管理人
両クラブの控えメンバーは下記の通りです。
【19-20プレミアリーグ第1節】ウェストハムvsマンチェスターシティのサブメンバー
管理人
ウェストハムとマンチェスターシティの選手リストや移籍情報は下記をご覧ください。
19-20シーズンのウェストハムのクラブ情報のアイキャッチ画像
【ウェストハム】19-20シーズンクラブデータ/選手リスト/移籍情報
19-20シーズンのマンチェスターシティのクラブ情報のアイキャッチ画像
【マンチェスターシティ】19-20シーズンクラブデータ/選手リスト/移籍情報

試合内容と個人的感想



前半

管理人
シティにミスがあるも1点を先制!
シティの注目選手はやはりロドリ。チームの課題であったフェルナンジーニョに代わるアンカーとして大きな期待を寄せられての補強です。
しかし初めてのプレミアのピッチに戸惑ったのか、6分にエデルソンからのパスをミスでランシーニに奪われ、すぐに取返しに行くもエリア内でランシーニが転倒、幸いPKにはならなかったがいきなり失点に直結する重大なミスであった。
その後もロドリはミスで自陣でボールを失う場面があり、厳しい目で見れば不安の残る出来であった。ただCBのストーンズとラポルトが非常に安定していてチームとしては危ない場面は少なかった。
シティは24分、サイドチェンジを受けたマフレズをウォーカーが追い越し、そこに絶妙なスルーパスが通り、ウォーカーからの低い折り返しをジェズスが合わせシティが先制ゴール
シティのいつもの攻撃の形である「ボールを持った選手を他の選手が追い越し、そこにスルーパスを合わせ中へのクロス」は相手チームがわかっていても止められない、シティの基本であり最強の形です。
ウェストハムもボールを繋ぎチャンスを作ろうとするも、まったくシュートまでは持っていけず0-1でシティがリードして前半終了。

後半

管理人
プレミア初のVAR!
前半よりも後半はさらにシティのペース。
51分、ボールを奪ってマフレズからデブライネに繋ぎ、デブライネがピッチ中央をドリブルで運びスターリングへラストパス、スターリングがGKとの1対1を落ち着いて決めてシティが2点目を奪う!
直後にはジンチェンコ→スターリング→ジンチェンコ→ダビド・シルバ→スターリング→ジェズスと流れるような素晴らしいパスワークでネットを揺らし0-3かと思われるも、VARでオフサイドとなりノーゴールの判定!プレミアには今シーズンからVARが採用され、ゴール取り消し第1号はジェズスとなりました。
56分にウェストハムはウィルシャーに代えスノドグラスを投入。これが当たりスノドグラスの高精度の左足のキックでウェストハムも攻撃の形を作れるようになる。
72分にはチチャリートに決定機が訪れるもエデルソンが好セーブ!もしこれが決まって1点差となっていればまた違った展開となった可能性があるが、直後の74分に裏に抜け出したスターリングにマフレズの浮き球パスが通り、落ち着いて決めて0-3!これでほぼ勝負ありでした。
82分にはファビアンスキのパスミスをマフレズが奪いエリア内に侵入、そこでディオプがマフレズを倒してしまいPK。アグエロが蹴ったボールをファビアンスキが止めるも、両足がラインから離れていたため新ルール適用で蹴り直しとなり、アグエロは今度は決めてシティ4点目
ロスタイムにはショートカウンターからスターリングが決めて0-5スターリングはハットトリックを達成し、シティの圧勝で試合終了となった。
ウェストハム 0-5 マンチェスターシティ
24分 ジェズス(マンチェスターシティ)
51分 スターリング(マンチェスターシティ)
74分 スターリング(マンチェスターシティ)
82分 アグエロ(マンチェスターシティ)
90分 スターリング(マンチェスターシティ)

試合の感想

管理人
コンディションが万全でなくても圧勝!
シーズン終盤に備えこれから徐々にコンディションを上げていくシティは当然開幕戦のコンディションは万全ではなく、相手がウェストハムという事もあり抑え気味で戦っていたと思います。それでも結果的にアウェーで5点差での勝利は凄いとしか言いようがなく、選手個々の能力の高さと層の厚さ、そして徹底された戦術を見ていると今シーズンも優勝候補ナンバーワンなのは間違いなさそうです。
期待のロドリは前半はミスが目立つも、後半はインターセプトからチャンスを作るなどミスもなく安定してプレーできていました。プレミアに慣れてくればフェルナンジーニョとロドリの2人でアンカーのポジションは大丈夫そうです。
ウェストハムはスノドグラスとチチャリートを先発させていればもう少し違った展開だったかもしれません。1トップのアレが時間を作れれば良かったのですが、ストーンズやラポルトを相手に負担が大きすぎました。

個人的MOMとこの試合活躍した23歳以下の若手選手

【MOM】
ラポルト(マンチェスターシティ/フランス/25歳)
→守備面をほぼ完璧にこなし、ビルドアップで攻撃面でも大きく貢献。
【若手選手】
デクラン・ライス(ウェストハム/アイルランド/20歳)
→185センチの大型MFだが足元の技術がとても高く多くのパスを通していた。守備の場面での寄せがもう少し早くなればさらに評価が高まりそう。

19-20シーズンのプレミアリーグはDAZN独占放送!

関連記事

DAZN(ダゾーン)の登録方法による月額料金の違いと支払い方法のまとめのアイキャッチ画像
DAZN(ダゾーン)の登録方法による月額料金の違いと支払い方法のまとめ
DAZN(ダゾーン)のダウンロードや録画などの基礎情報まとめ、メリットやデメリットについて
DAZN(ダゾーン)で視聴可能な全ジャンルと番組一覧のアイキャッチ画像
DAZN(ダゾーン)で視聴可能な全ジャンルと番組一覧
【J1・J2・J3全55クラブ】DAZN(ダゾーン)Jリーグ年間視聴パスの特典まとめのアイキャッチ画像
【J1・J2・J3全55クラブ】DAZN(ダゾーン)Jリーグ年間視聴パスの特典まとめ






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です