【19-20プレミアリーグ第20節】リヴァプールvsウォルバーハンプトンの試合内容と感想、ハイライト映像

19-20プレミアリーグ第20節リヴァプールvsウォルバーハンプトンのアイキャッチ画像

管理人

2019年12月29日に開催された、プレミアリーグ19-20シーズン第20節「リヴァプールvsウォルバーハンプトン」の試合内容と個人的感想です!

19-20シーズン プレミアリーグ 第20節 リヴァプールvsウォルバーハンプトン

↓19-20シーズンのプレミアリーグはDAZN独占放送!↓

スターティングラインナップ

管理人
ホームのリヴァプールのスタメンです。
19-20リヴァプールvsウォルバーハンプトンのリヴァプールのスタメン
管理人
アウェーのウォルバーハンプトンのスタメンです。
19-20リヴァプールvsウォルバーハンプトンのウォルバーハンプトンのスタメン

サブスティテューション

管理人
両クラブの控えメンバーは下記の通りです。
19-20リヴァプールvsウォルバーハンプトンの両クラブのベンチメンバー
管理人
リヴァプールとウォルバーハンプトンの全選手リストや移籍情報は下記をご覧ください。
リヴァプールの19-20シーズンのクラブ情報のアイキャッチ画像
【リヴァプール】19-20シーズンクラブデータ/選手リスト/移籍情報
ウォルバーハンプトンの19-20シーズンデータのアイキャッチ画像
【ウォルバーハンプトン】19-20シーズンクラブデータ/選手リスト/移籍情報

試合内容と個人的感想



前半

VARで明暗が分かれる
クラブW杯を制しリーグでも無敗で首位をキープするホームのリヴァプールはララーナがスタメンに入り、その他のメンバーは現状のベストメンバーで組む。
アウェーのウォルバーハンプトンは前節勝利したマンチェスターシティ戦でゴールを決めたヒメネス、トラオレ、ドハーティの3人をベンチに置き、ジョッタとペドロ・ネトの2トップ、3バックの左にはプレミアリーグ2試合目の出場となる22歳のキルマンが入る。
試合はリヴァプールがボールを持つ展開で、アウェーのウォルバーハンプトンは守備時に両WBが最終ラインに入り5バックの布陣となり、それぞれのサイドから攻められた場合はWBがプレスに行き残りの4枚で最終ラインを形成するなど、状況により形を変えて守る。
30分の時点で支配率はリヴァプールの70%、シュート数はリヴァプールが7本でウォルバーハンプトンは0本とスタッツだけ見れば一方的な展開だが、ウルブスの集中した守りにリヴァプールはなかなか決定機を作れず、数少ない決めれるチャンスもシュートは枠外に飛び得点を奪う事ができない。
しかし41分、ララーナの動き出しにファンダイクが絶妙なロングフィードを送り、ララーナが肩で落としたボールを走りこんだマネが決めてリヴァプールが先制ゴール!!・・・しかしこれは主審により肩ではなくハンドの判定となり、VARでの確認となる。そして腕ではなく肩である事が証明され正式にリヴァプールの先制ゴールとなった!
反撃したいウォルバーハンプトンはロスタイムにCKのチャンスを得ると、クリアされたボールを拾い右サイドのホニーへ、そしてホニーのクロスをネトがダイレクトで合わせ同点ゴール!!これを主審は認めるも、オフサイドの可能性がありVARでの確認となる。そして確認の結果オフサイドとなり同点ゴールは取り消しとなった。
そして1-0でリヴァプールがリードして前半終了となる。VARの介入により正しい判定となったが、両方とも主審の最初の判定を覆す結果となったのでウォルバーハンプトンにとってはつらい判定となった。




後半

終盤にウルブスが攻め立てる
後半の入りにウルブスが積極的にプレスを仕掛け攻めるも、リヴァプールは落ち着いてボールを回し徐々に支配率を上げ前半同様の展開となる。
同点に追い付きたいウルブスは57分にトラオレを投入。しかしトラオレが欲しい形でボールを貰えずなかなか作れずチャンスを作れない。
しかし66分、アリソンのゴールキックを受けたファンダイクがドリブルでゆっくりと上がるとジョッタがプレスをかけボールを奪いビックチャンス!だがジョッタの放ったシュートはアリソンが見事に防ぎ同点とならず。
その後の変わらずリヴァプールがボールを持ち攻めるも、この日はシュート精度に欠き、またウルブスの守備陣も非常によく粘りスコアは動かず1-0のまま終盤へ。
82分のウルブスのチャンスをきっかけに左サイドのヴァイナグルがチャンスを作り、86分、88分、91分と立て続けにシュートを放つも、得点には至らず、そのまま1-0でリヴァプールの勝利となった!

リヴァプール 1-0 ワトフォード
41分 マネ(リヴァプール)

試合の感想

管理人
厳しい日程で控え選手が躍動!
厳しい日程により起用が多い選手はベストパフォーマンスを発揮するのは難しい状態だが(ヘンダーソンとマネを除く笑)、この日は先発に入ったララーナが交代で下がる67分までの時間で最も走ったのでは思わせるハードワークを見せ、攻守に貢献し決勝点のアシストも記録するなど素晴らしい活躍でした!
南野の加入により放出の噂もあるララーナですが、共存は可能ですし本人が望むなら残留してほしいところです。
そしてジョー・ゴメスは明らかにコンディションが上がってきました。今季はマティプ、ロヴレンに次ぐ4番手の評価ですが、もしかしたらマティプが復帰してもスタメンで使われる可能性があるほどのパフォーマンスだと思います。
リヴァプールはこの試合でアンフィールドでの無敗記録を50に伸ばしました。開幕からこの試合までのチームパフォーマンスを見ていると、今季はこのままホーム無敗で優勝しそうな雰囲気です。

個人的MOMとこの試合活躍した23歳以下の若手選手

【MOM】
ララーナ(リヴァプール/イングランド/31歳)
→ハードワークで攻守において大貢献。とっさの肩でのアシストも見事でした。
【若手選手】
ルベン・ヴァイナグル(ウォルバーハンプトン/ポルトガル/20歳)
→後半ロスタイムでも衰えぬ運動量で左サイドを何度も駆け上がりチャンスを演出。プレーの精度はまだ一流ではないが、今後の成長によってはビッククラブでプレーも十分に有りえる。

ハイライト映像

この試合のハイライトはこちら

↓DAZNはプレミアリーグ、リーガエスパニョーラ、
CL、EL、Jリーグなどを放送中!↓

関連記事
DAZN(ダゾーン)の登録方法による月額料金の違いと支払い方法のまとめのアイキャッチ画像
DAZN(ダゾーン)の登録方法による月額料金の違いと支払い方法のまとめ
DAZN(ダゾーン)のダウンロードや録画などの基礎情報まとめ、メリットやデメリットについて
DAZN(ダゾーン)で視聴可能な全ジャンルと番組一覧のアイキャッチ画像
DAZN(ダゾーン)で視聴可能な全ジャンルと番組一覧
【J1・J2・J3全55クラブ】DAZN(ダゾーン)Jリーグ年間視聴パスの特典まとめのアイキャッチ画像
【J1・J2・J3全55クラブ】DAZN(ダゾーン)Jリーグ年間視聴パスの特典まとめ

↓EURO2021はWOWOW!↓

wowow

↓ブンデスリーガはスカパーで全試合放送中!↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です