【19-20プレミアリーグ第29節】リヴァプールvsボーンマスの試合内容と感想、ハイライト映像

19-20プレミアリーグ第29節リヴァプールvsボーンマスのアイキャッチ画像

管理人

2020年3月7日に開催された、プレミアリーグ19-20シーズン第29節「リヴァプールvsボーンマス」の試合内容と個人的感想です!

19-20シーズン プレミアリーグ 第29節 リヴァプールvsボーンマス

↓19-20シーズンのプレミアリーグはDAZN独占放送!↓

スターティングラインナップ

管理人
ホームのリヴァプールのスタメンです。
19-20プレミアリーグリヴァプールvsボーンマスのリヴァプールのスタメン
管理人
アウェーのボーンマスのスタメンです。
19-20プレミアリーグリヴァプールvsボーンマスのボーンマスのスタメン

サブスティテューション

管理人
両クラブの控えメンバーは下記の通りです。
19-20プレミアリーグリヴァプールvsボーンマスの両クラブのベンチメンバー
管理人
リヴァプールとボーンマスの全選手リストや移籍情報は下記をご覧ください。
リヴァプールの19-20シーズンのクラブ情報のアイキャッチ画像
【リヴァプール】19-20シーズンクラブデータ/選手リスト/移籍情報
19-20ボーンマスのクラブデータのアイキャッチ画像
【ボーンマス】19-20シーズンクラブデータ/選手リスト/移籍情報

試合内容と個人的感想



前半

ノーファウル?
ホームのリヴァプールはFAカップで怪我から復帰したミルナーがLSBでスタメン(ロバートソンは休養)。この試合で怪我から復帰となるケイタはベンチスタート。新たにアリソンが怪我で離脱となり、今季は何かと出番がまわってくるアドリアンがスタメンに。
アウェーのボーンマスはリヴァプールからレンタル中のハリー・ウィルソンは出場できず、カラム・ウィルソンの1トップでスタート。
試合はリヴァプールがボールを支配するほぼ一方的な展開。
しかし8分、リヴァプールの最終ラインの裏に出たボールをジョー・ゴメスとカラム・ウィルソンが追いかける展開となり、ジョー・ゴメスが先に追い付いて処理をするかと思われた瞬間に後ろからカラム・ウィルソンが手で押し、ジョー・ゴメスはボールを追い越す形となり、ボールをキープしたカラム・ウィルソンから右へ展開、ビリングからレルマへ繋ぎ、レルマのラストパスをカラム・ウィルソンが決めてボーンマスが先制ゴール!
明らかなファウルに見えたが、笛は吹かずゴールは認められる。最近4試合で3敗のリヴァプールはまたも嫌なムードに包まれる。
18分にボーンマスにアクシデント。キャプテンでアケーとともに最終ラインを支えるスティーブ・クックが怪我をしてしまい続行不能、代わりにシンプソンが入る。
24分、試合にうまく入れなかったシンプソンからマネがゴール前でボールを奪いサラーへ、体勢が悪かったがサラーが左足で決めて1-1の同点ゴール!
32分には中盤でボールをインターセプトしたファンダイクがすかさずスルーパス、GKと完全に1対1となったマネが冷静に決めてリヴァプールが逆転!
ここ数試合は体が重たく動けていないリヴァプールだったが、同点ゴール以降は攻守の切り替えが早く勢いを取り戻したかのように躍動!
前半は2-1でリヴァプールがリードして終える。




後半

後半も変わらぬ展開
後半も前半同様にリヴァプールがボールを完全に支配し、ボーンマスは守ってからのカウンター狙い。
最初の決定機も前半同様ボーンマス。60分にビリングのパスに抜け出したフレイザーがループシュートを放ち、アドリアンの頭上を越えゴールかと思われたが必死に戻ったミルナーがスーパークリアを見せ得点を許さない!
結果的にボーンマスにとってこれがラストチャンスとなり、リヴァプールもマネのバー直撃弾やフィルミーノのエリア内フリーでのシュートなどチャンスはあったが、追加点は生まれず2-1のまま試合終了。
これであと3勝でプレミアリーグ優勝が決まり、チャンピオンズリーグを前に流れを引き戻す内容・結果となった!
リヴァプール 2-1 ボーンマス
8分 カラム・ウィルソン(ボーンマス)
24分 サラー(リヴァプール)
32分 マネ(リヴァプール)

試合の感想

管理人
あれはファウルを取ってくれ・・・
僕もサッカーをやっていた人間でして、ボーンマスの1点目で起きたカラム・ウィルソンのプレーがどうしても許せません。
というのもジョー・ゴメス同様に後ろから手で押されてボールを処理できなかった経験が僕にもありまして、ボールに追い付く瞬間に手で押されてボールに触れないのはどう考えてもファウルですし、全力疾走のところを後ろから押される恐怖って経験がある人しかわからないと思いますが、膝に大きな負荷がかかり幸い無事でしたが大怪我をする可能性もありました。
まあそんなわけで僕の当時の記憶が蘇り、なんとしてでもリヴァプールに勝ってほしかったので逆転できてほっとしています。
次戦は絶対に負けられないチャンピオンズリーグの第2戦。最近は負けが重なり勢いを失ったように見えましたが、この試合の内容と結果から自信を取り戻したようにも感じます!アンフィールドでの逆転に期待しています!

個人的MOMとこの試合活躍した23歳以下の若手選手

【MOM】
ジェームス・ミルナー(リヴァプール/イングランド/34歳)
→ここ最近リヴァプールが苦しんだ要因として、ヘンダーソンとミルナーの不在が大きかったとこの試合で感じました。プレーでも精神面でもチームを支える素晴らしい活躍!
【若手選手】
フィリップ・ビリング(ボーンマス/デンマーク/23歳)
→192センチの長身と長い足を活かしたプレー範囲の広さと確かなテクニックで攻守に貢献。チームが3人交代したあとに腰を痛めプレー強度が落ちてしまったが、それが無ければ結果はまだわからなかった。

ハイライト映像

この試合のハイライトはこちら

↓DAZNはプレミアリーグ、リーガエスパニョーラ、
CL、EL、Jリーグなどを放送中!↓

関連記事
DAZN(ダゾーン)の登録方法による月額料金の違いと支払い方法のまとめのアイキャッチ画像
DAZN(ダゾーン)の登録方法による月額料金の違いと支払い方法のまとめ
DAZN(ダゾーン)のダウンロードや録画などの基礎情報まとめ、メリットやデメリットについて
DAZN(ダゾーン)で視聴可能な全ジャンルと番組一覧のアイキャッチ画像
DAZN(ダゾーン)で視聴可能な全ジャンルと番組一覧
【J1・J2・J3全55クラブ】DAZN(ダゾーン)Jリーグ年間視聴パスの特典まとめのアイキャッチ画像
【J1・J2・J3全55クラブ】DAZN(ダゾーン)Jリーグ年間視聴パスの特典まとめ

↓EURO2021はWOWOW!↓

wowow

↓ブンデスリーガはスカパーで全試合放送中!↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です